漫画

「カンナさーん!」第74話のあらすじと感想 ネタバレも 思いやりとは?

2017/06/19

カンナさーん!13巻 表紙

引用:クイーンズコミックDIGITALより

フェイス日本店の為、皆の為とは言うもの、ハッキリ言って犯罪である。

ウソをついて、勝手に仕入れてある素材を使いTシャツを作って、フェイスのタグを勝手につけて売る。

横領です。

たとえこの作戦が上手くいって日本撤退が無くなったとしても、カンナはもう会社に居続けられるとは思っていませんでした。

クビになるのは自分一人でいい、何かしなければ皆が職を失う。

皆の為に何かすることが楽しいからここまでやってきたカンナでした。

そしてここまでミンクの起用、Tシャツの売れ行きは大成功です。

それを知った支社長も一緒に立ち上がり、フェイス日本支社として総力戦でやることになりました。

 

※これまで漫画の一部の画像を引用させていただいておりました。

ですが、著作権の関係上、やはりよろしくないと思い、画像は外すことと決断しました。

当ブログをご覧いただいてる皆様には、画像があった方が楽しめ、「カンナさーん!」の良さをより伝えられると思いますが、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」74話 あらすじ

売れ行き好調、予約だけで200を越えるヒットとなっています。

しかし、日本支社として増産を決めたが、本部からは許可がおりません。

これ以上予約は受けれないどころか、増産をできないのであれば、今受けている予約も断らなくてはいけません。

やはり、カンナの勝手な行動は受け入れられないようである。

カンナの話もまったく聞いて間らえませんでした。

 

日本店のショップ店員たちは、元々本部からの許可が下りてないことを知りませんでした。

その為、なぜ増産ができないのかが理解できません。

カンナは本当のことを全部話ました。

そして、皆には黙っておくことで責任は自分一人が被ればいいことも。

 

それをどや顔で話すカンナに、

実際にはカンナが考えてるようになるはずがない、もっと同僚のことも考えて欲しい、その思いやりには見下しが入ってる、カンナはロンドン本部に戻れるからお気楽なんだ、面白半分なんだと、不快感を示す皆でした。

 

皆のプライドを傷つけてしまった、あんなにも本部を怒らせてしまった。

皆のことを思ってやっていたつもりが、上手くいかない。

人のことを考えるのが難しいと思うカンナでした。

 

皆に謝るが言葉も出てこない、自分に何かできることが見つかりません。

 

そんな時、進展があったと支社長がやってきます。

怒って話も聞いてくれなかったトップの武方さんがロンドンから日本へ来てくれることに。

そして製品と状況の確認、それからカンナの査問をしに。

 

支社長は言います。

これはチャンスなんだと。

増産の説得をカンナがするんだと。

カンナは見つけました。

今の自分に出来ること、それは社長の武方さんを説得し増産と販売を決定させること。

「あたしに最後のチャンスをください!」

当初の計画通りに持って行く為、カンナは最後のチャンスに挑むことに。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」74話 あらすじ

よく考えればそうですよね。

カンナはこれで責任を自分だけで背負って済ませようと考えていましたが、他の同僚からしたら知らなかったで済むわけないですよね。

教訓ですね。

改めて、自分勝手の怖さ。 みんなで決めて一緒にやることの大切さを教えられました。

 

この重大な計画をやるのであれば、最初に説得するべきは武方さんじゃなく、同僚の皆だったんですね。

 

皆は、騙されていたこと、知らず知らずカンナに庇われていたことなど、色々と思うところがあり怒っていました。

カンナはそれがみんなの為で良かれと思ってやっていたけど、誰も喜んでくれなかった。

確かに、同僚からしたら気持ちくないですね。

カンナ一人に責任を負わせて、自分たちだけ生き残ったり、退職金をもらったりしても。

 

本当に人のことを考えるのは難しいです。

 

でもこれで、やらなければよかったと、ただ後悔するのか。

後悔はしても、状況が変わってることを感じることができるかですよね。

 

ここまでやったから、支社長が言うようにチャンスが生まれてきたんです。

 

ロンドンの本部から社長の武方さんがやってくるんですから。

 

武方さんはカンナに、「同僚をなめるな」と怒っていました。

カンナを日本へ首切りとして送ったのは武方さんです。

武方さんもカンナをなめていたのかもしれないですね。

 

デザイナーとしてはダメだと烙印を押し(今のところカンナがそう思ってるだけですが)、嫌な仕事を任せた。

でもこんなことで諦めるカンナじゃないですからね。

カンナをなめて左遷し退職させようとしたんでしょうか。

 

でも武方さんは厳しい人だけどしっかりとした考えのある人なので、何かあるような気もしちゃいます。

でもこのような事態を招いたのは、元を辿れば武方さんでもある、放ってはおけないですよね。

「カンナさーん!」74話 名言

「その思いやりには見下しが入ってる」

思いやりって、難しいですよね。

自分を犠牲にしてまで何かをされると、逆に重たくなってしまいそうだし、ある意味、格差を感じさせられるんですよね。

「上司、部下」「先輩、後輩」等の関係がハッキリしていて、上司や先輩からのならまだしも、同じ立場や部下、後輩からだったら無理やり犠牲にさせられている感じがするもんですね。

下に見られてる、助けを求めてもいないのに、同じ立場や部下、後輩の人から助けが必要だとみられている。

 

例えばこんなことがありました。

自分より年下の人たちと飲んでお会計の時です。

1人が少し多めにお金を出したんです。

僕は一番先輩だし、「ありがとう」って簡単に受け入れるわけにはいかったです。

せめてその後輩と同じ額を僕も出すからと言ったけど、「先輩は妻子持ちで小遣い制でお金ないから無理するな」的なことを言われました。

バカにされてる気がしますよね。

他にも後輩がいましたし、どれだけ格好悪いか。

 

相手は見下してるつもりは一切ないと思います。

でも立場や状況などで、捉え方で、その思いやりが思いやりじゃなくなる場合があるんですね。

本当に難しいです。

「カンナさーん!」登場人物たちの名言集 人生の為になる

 

登場人物はこちらで紹介

「カンナさーん!」登場人物を紹介! ドラマのキャストは?

 

前話→「カンナさーん!」第73話のあらすじと感想 ネタバレも 支社長の反応は!?

NEXT→「カンナさーん!」第75話のあらすじと感想 ネタバレも 日本撤退の行方は・・・

 

カンナさーん!のドラマが渡辺直美さん主演で7月にスタートです。
キャストやドラマについてはこちら

渡辺直美が主演「カンナさーん」ドラマ化 TBS火10にて7月放送

「カンナさーん!」登場人物のキャストが決定!礼役には、要潤さん

 

スポンサーリンク

-漫画