漫画

「カンナさーん!」第10話のあらすじと感想 ネタバレも レオ君の背中

2017/06/18

カンナさーん!2巻表紙

引用:クイーンズコミックDIGITAL

デザイナーの仕事が中々見つからないカンナは、専門学校時代の同級生に会いました。

その同級生の真島からは、仕事に対する考え方を教えられ、悩むカンナでしたが、レオ君との暮らしから本当の幸せはとは何なのかを改めて感じる事が出来ました。

そんな中、元ダンナの礼が仕事で失敗をし2千万円を被ることになったと、そしてマンションを売らしてくれと、やつれた顔で話に来ました。

幸せを感じる事が出来ていたカンナは迷うことなくOKを出しました。

礼もまた、自分は幸せだと感じることが出来たのでした。

ところが、保育園でのレオ君は、どうも不安定な面が見受けられるようで、先生たちは心配しています。

 

※これまで漫画の一部の画像を引用させていただいておりました。

ですが、著作権の関係上、やはりよろしくないと思い、画像は外すことと決断しました。

当ブログをご覧いただいてる皆様には、画像があった方が楽しめ、「カンナさーん!」の良さをより伝えられると思いますが、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」10話 あらすじ

朝、朝食も進まず何か元気がないレオ君。

保育園に行きたくないと言います。

求職中のカンナは泣き出すレオ君を、何とか言い聞かせ保育園へ連れいきました。

 

保育園の先生から、レオ君の様子を一度見に来てほしいということで、カンナは翌日、いつもより少し早めに保育園へ行きました。

 

そこで見たのは、一人でうつ向いているレオ君。そして誘ってくれる友達の手を振り払い、その友達に蹴られて泣きながら我慢しているレオ君でした。

 

去年の夏頃から保育園では、泣くことが増え、殆ど喋らなくなった、手の怪我をして長く休んでからは、友達とも遊ばなくなっていました。

 

去年の夏とは、ちょうど礼と離婚した頃でした。

 

泣いているのは、いつもお母さんを待って、迎えに来ないんじゃないかと不安になって保育園では過ごしているようなんです。

朝、保育園に連れて行って、玄関で別れる時、いつもレオ君は振り向かないで、背中を見せて手を振っています。

実は、カンナに泣き顔を見せたくなかったんです。

自分が泣くと、ママも泣いて悲しむから、泣かないんだと。

 

何があったってママが助けてあげる!

保育園で何が悲しいのか聞きました。

レオ君は、ママがいないこと、そして友達がキックするんだと、カンナの顔をキックしてしまいました。

カンナをキックしてしまったレオ君は自分を責め、自分を叩き始めてしまいました。

 

「レオの頭じゃうけとめきれないで混乱してるんだ」「離婚」「成長の早い友達のこと」

 

レオ君には、やり場がない、混乱する気持ちを整理する場所が無くなっていたんです。

そこでカンナは相撲をすることを思いつきました。

相撲をし、実は自分たちは強いんだよと教えてあげたかったんです。

なんとレオ君もカンナも廻しいっちょで!

 

「そうだよ!あんたは強いんだよ」「あたしも強いんだよ」

 

そこに礼が訪ねてきました。

明日から一緒に暮らすと、暮らさせてほしいと言いに。

でもカンナは、レオ君を心配してくれるのは嬉しいけれど、それだけの理由で復縁しても結局レオ君の為にならないからと断ります。

でも礼の気持ちは少し違いました。

 

「そばにいたいんだ カンナとレオの」

「好きだよ」「結婚してください」

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」10話 感想

僕の子も保育園に行きたくないって毎朝、毎朝泣いている時がありました。

その時は、あの手この手で保育園に連れて行ってました。

まだ子供の気持ちを考えてあげれる余裕が自分には無かったのかなとちょっと後悔もしています。

今思うと、その頃は嫁がお腹に赤ちゃんがいて、つわりで僕が保育園に連れて行ってました。

泣いていた子供からすると、自分でもどうしたらいいのか分からない不安や人との接し方など、自分の頭では処理しきれないものが沢山あり、更にママがいつもとは違う状態で構ってもらえない。

そんな状態で頑張っていたんだなーと思います。

 

大人だって環境変化について行くのはかなり大変です。

子供なんて尚更です。

カンナさんみたいに子供と真正面で向き合って、導いてあげれるようにしてあげるのが親の務めでもありますよね。

親の言いなりさせる育て方じゃなく、子供に自分で歩かせてあげたい、その歩く道を親が先に歩いて道を作ってあげなくちゃと思います。

僕の個人的な考えですが、男の子だから厳しく育てるって良く耳にしますよね。でも勘違いしてほしくないのは、男の子だから少しくらい強くあたったり、少しくらい手を挙げたっていいってわけじゃないです。

肉体的なことじゃないと思います。

小さいうちは男の子も、女の子も同じかなと、男の子だから厳しくってのは親の勝手な押し付けですよね。

男の子らしく、女の子らしくって言い方が自分にはしっくりきます。

実は毎朝泣いていた僕の子が男の子で、厳しく育てなきゃと思ってやってきたけど、途中でなんか間違ってると思ったんです。

その子には理解も出来ない強いストレスが掛かっていたんだと思います。

今は凄く後悔しています。一生忘れないと思います。

なんかカンナさんとレオ君に改めて教えられました。

「カンナさーん!」10話 名言

「ほんとに望んで勇気を出せば」「どこまでだって強くなれるんだよ」

レオ君と相撲をした後に、言ってあげた言葉です。

でも自分自信にも言い聞かせてるような言葉ですよね。

望めばどこまでも・・・ 本当そうですよね、そういったものの限界なんて誰が決めるものでもなく、自分次第。

止まってしまえばそこまでだし、望んで行動すれば必ず前へ進める。

もちろんその行動の中で失敗もあります。でも失敗した分だけ成長して進んでます。挑戦した人だけが得ることができるんですよね。

失敗を恐れて何も行動しない、それを何かのせいにしていつまでたってもそのまま。

それが本当の意味での失敗かもしれないです。

「カンナさーん!」登場人物たちの名言集 人生の為になる

 

登場人物はこちらで紹介

「カンナさーん!」登場人物を紹介! ドラマのキャストは?

 

前話→「カンナさーん!」第9話のあらすじと感想 ネタバレも 幸せの感じ方

NEXT→「カンナさーん!」第11話のあらすじと感想 ネタバレも ついに結婚!?

 

カンナさーん!のドラマが渡辺直美さん主演で7月にスタートです。
キャストやドラマについてはこちら

渡辺直美が主演「カンナさーん」ドラマ化 TBS火10にて7月放送

「カンナさーん!」登場人物のキャストが決定!礼役には、要潤さん

 

スポンサーリンク

-漫画