漫画

「カンナさーん!」第41話のあらすじと感想 ネタバレも 本当の合格とは

2017/06/18

カンナさーん!7巻 表紙

引用:クイーンズコミックDIGITALより

保育園からは何もできない子と見放され気味のレオ君、レオ君だって何かできるってとこを証明する。

いよいよ受験の日となりました。

一校目、不合格。

 

二校目では試験管のチェックの目がある前で替え歌を歌いながら歩くなど評価を落とすようなことをしてしまい、カンナはレオ君をど叱りしてしまいました。

今までの努力が全部パーだ、台無しだとカンナはイライラモードでちょっと荒れ気味だったが、礼の言葉でハッとさせられます。

「出来なかったの」は一瞬、「努力できた」のは何百時間。

「何もできない子」ってことから始めたお受験。レオ君はこんなにも努力ができる。

カンナは結果ばかりに目が行ってしまって、レオ君がしてきた努力がみえていませんでした。

最後の学校も不合格でダメでしたが、もう怒ったりはしません。

いい顔で受験は終わりました。 もっといいものを手に入れて。

ところが見放され気味だった保育園の先生がレオ君の為に別の小学校の受験を紹介してくれるのでした。

 

※これまで漫画の一部の画像を引用させていただいておりました。

ですが、著作権の関係上、やはりよろしくないと思い、画像は外すことと決断しました。

当ブログをご覧いただいてる皆様には、画像があった方が楽しめ、「カンナさーん!」の良さをより伝えられると思いますが、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」41話 あらすじ

レオ君の保育園でのことをもう一度話す先生。

先生も言葉足らずなとこはありましたが、一方的に見放されたわけではありませんでした。

何もできない子というのは、何も参加しない為にできないということでした。能力がないということではありません。

 

レオ君の為に紙芝居を作ってあげても、全くでした。

何かあったのか聞いても「うるさい」か黙ったままだったようです。

 

カンナはレオ君に本当のことを聞いてみました。

保育園で友達がやったイタズラを擦り付けられて、レオ君は先生に叱られていました。

自分じゃないことを訴えても信じてもらえず辛かったと。

 

カンナは教えてあげます。

嫌な顔をして許してくれない人達もいる、でもたまに笑って許してくれる人がいる。すると嬉しくて、心からもうしないよって思える。

「怒ったらずーっとつらいの」そんな時は気を取り直せばいいんだよと。

 

先生から紹介してもらった小学校、やっと先生とまともなコミュニケーションがとれたし、親切を無下にしたくない。

淑子さん、益田さんの応援もあり、もう一度受験を受けることにしました。

 

親の面接では、礼もカンナも正直にありのままを答えました。

これまでの受験のこと、保育園でのレオ君のことなど。

でもここの校長先生はそれを聞いてダメな子だという反応はなく、筋が一本通ったような、力強い人でした。

 

レオ君のテストも終了し、カンナはレオ君と保育園の先生に報告にきました。

 

レオ君はそこで、元気なく言います。試験の時にしゃべってしまった、だから落ちると思う。

しゃべっちゃダメだという約束を何故守れないと、カンナはまたレオ君にすごい勢いで怒ってしまい、レオ君も怯えてしまいます。

 

でも先生がレオ君の言い分をしっかり聞いてあげました。

運動の試験の時に一人の子が突き飛ばされてずっと泣いていたと。

その子の順番がきても泣いていたからレオ君はつい声をだして応援していました。

「がんばれ きをとりなおして!」

その子は立ち上がり、最後までやり通すことができました。

そうレオ君は、カンナに教えてもらったことを友達にしてあげたんです。

 

その話を聞いた先生は、レオ君を褒めてあげました。

凄く難しい問題だったけど、素晴らしい答えだよ。

「小学校は知らないけど」「先生はレオ君に100点満点あげる!!」

 

カンナは気付きました。

先生が言う、「問題のすりかえ」とは、そういうことでした。受験を受けただけでは何の解決にもなってなかったんです。

何のための受験だったのか。

何が重要で、何が大切で、何をするべきだったのか。

 

そして受験結果の電話が来ました。

結果は、「合格」

 

校長先生は言います、あのレオ君の行動があったから合格なんだと。

 

この受験で色んな人と出会い、迷惑をかけたり、助けてもらったりされました。

カンナ達の受験は笑顔で終われました。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」41話 感想

今回の受験を通して、一番成長したのはカンナって感じでしたね。

パワフルでいつもポジティブなカンナが受験に捕らわれたように周りが見えなくなって、レオ君の心まで見えなくなっていました。

子供のことを分かってるはずが、実は分かってないこともあります。

カンナとレオ君のコミュニケーションがどうだったのかは分かりませんが、カンナはレオ君が人に対して優しい考えを持っている子だってことを忘れていた感じでしたね。

保育園でのこともだし、受験でのことも、子供がすることには何か理由があるんです。大人だってそうなんですから。

その理由を聞いてあげることを飛ばして、行為だけをみて怒ってしまっては子供は何が正しくて、何が悪いことなのか判断できなくなってしまいますよね。

先生はまず、レオ君が正直に話したことを褒めてあげました。

保育園の先生ってすごいです。

うちも保育園に預けていますが、色んな子がいて腹が立つこともあるだろうと思うけど、そこはプロですよね。

いつも子供目線で語って話を聞いてあげて、一緒に喜んだり、悲しんだり、そして元気。

迎えに行っていつも思うのが、保育園の職場って雰囲気がいいなってことです。

そういったところで子供たちも伸び伸び遊ばしてもらい、学ばしてもらい、本当に感謝です。

「カンナさーん!」41話 名言

「怒ったらずーっとつらいの 気を取り直せばいいの」

怒ってしまった時、怒ってしまいそうな時の対処法というか、僕がよくしていることです。

前も話しましたが、怒るってのは自分の都合通りにいかないからで、子供の為じゃないなーって思うんです。

以前はよく怒ってしまってたんだけど、冷静になって考えたら子供にとって理不尽だなー、ワザとじゃないし まだわからない子供なんだからと思えるようになりました。

結局子供をコントロールしようとしてるんですよね。

そして怒っても何も解決しません。子供もまだ理解ができないし、そもそもそこまで怒られるような行為でもないんです。

子供は何故怒られるのか分からないし、怖いと思います。

だからどれだけ怒っても、怒った分だけイライラが積もり、また怒ってしまう悪循環に陥るんですよね。

イラっとした時、怒るのを立ち止まってみてください。本当に楽になれますよ。冷静になると怒る理由のちっぽけさがわかります。

子供と接するのが楽しくなってきます!

「カンナさーん!」登場人物たちの名言集 人生の為になる

 

登場人物はこちらで紹介

「カンナさーん!」登場人物を紹介! ドラマのキャストは?

 

前話→「カンナさーん!」第40話のあらすじと感想 ネタバレも レオ君の受験結果は!?

NEXT→「カンナさーん!」第42話のあらすじと感想 ネタバレも 幸せのなり方

 

カンナさーん!のドラマが渡辺直美さん主演で7月にスタートです。
キャストやドラマについてはこちら

渡辺直美が主演「カンナさーん」ドラマ化 TBS火10にて7月放送

「カンナさーん!」登場人物のキャストが決定!礼役には、要潤さん

 

スポンサーリンク

-漫画