漫画

「カンナさーん!」第43話のあらすじと感想 ネタバレも フリーライター久保

2017/06/19

カンナさーん!8巻 表紙

引用:クイーンズコミックDIGITALより

会社の同僚サトちゃんが、アルファという化粧品を売る副業をするための契約資金として50万円を投資したカンナ。

お金は20%増しで戻って来たけれど、失敗したサトちゃんがサラ金で借りてきたお金でした。

そしてサトちゃんは仕事も休むようになり、行方が分からなくなりました。

同じく450万円を貸してあげた彼氏の和田さんとカンナはサトちゃんを探します。

そしてカンナはサトアルファのセミナーに乗り込むことにしました。

 

※これまで漫画の一部の画像を引用させていただいておりました。

ですが、著作権の関係上、やはりよろしくないと思い、画像は外すことと決断しました。

当ブログをご覧いただいてる皆様には、画像があった方が楽しめ、「カンナさーん!」の良さをより伝えられると思いますが、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」43話 あらすじ

サトちゃんがハマってしまったアルファは昔ホステスの仕事でお世話になった先輩が支社長の会社。

その先輩はホステス時代にお客様から相続人とされ50億円もの大金を一瞬で手にした人でした。

怪しさムンムンです。

 

実はサトちゃんは整形美人でした。

サトちゃんは言ってました。整形で美人を手に入れたことで、分かったと。

 

美人で見る目が変わるのは男だけじゃない、老若男女みんなが喜ぶ。

だから女性は美人の方が楽に生きて行けるし楽しいんだと。

美人は皆に優しくされるから、余裕もあるし、性格がいいんだと。

そして、人間が一番恐れているもの、最悪の不幸は孤独だと言いました。

美しくなることがその不幸を避ける方法なんだと。

 

アルファのセミナーに来ました。

ところが証明書がないと入れてもらえず会場から引きずり出されるカンナ。

そこには同じように引きずられる女性がいました。抵抗する女性はアルファの黒服の警備に腹を殴られ連れていかれそうでした。

カンナは機転を利かして叫び、彼女を助けました。

 

彼女はフリーライターの久保さん、アルファを批判的な立場で取材していました。

久保さんの話によると、やはりアルファは詐欺の匂いが強い、久保さんはこれを立証する為に目を付けてるのは、代理店ライセンスの転売問題でした。

サトちゃんが契約で使った500万も、この代理店ライセンスを購入する為の物でした。

 

 

このライセンスは500万円もするけど人気があるから売ろうと思えば確実に高額で売れるからお得だと販売されます。

しかし、いざライセンスを売ろうとアルファにいっても、自分で売り手を探せと相手にしてくれないそうです。

ライセンス売りたければ自分で売れや、といった詐欺です。

 

そしてカンナは協力を求められました。

カンナにライセンスを申し込んでもらい、その後アルファに売りたいと申し出て、そのやり取りをビデオに撮りTVに売り込む。

久保さんは告発記事を書く。計画です。

もちろんライセンス料の500万円は久保さんが出すと。

しかしにわかには信じがたいカンナでした。

そこで久保さんは信頼してもらう為にカンナを自宅に招きます。

 

久保さんは自分の過去を語りました。

小学生の頃に交通事故に遭った、その時一緒にひかれたおじいさんがいました。いつも子供たちの為に登校時間には旗を持って誘導をしてくれていたおじいさんでした。

そのおじいさんは亡くなられました。

その事故はひき逃げで、犯人は中々捕まらずいました。

実は真相は警察の隠蔽工作でした。ひき逃げ犯は警官で飲酒だったそうです。

 

でも久保さんがショックだったのはそれよりも、一緒にひかれて亡くなったおじいさんが自分をかばってのことだったことでした。

フリーライターを目指したのはそれからだと言います。

自分の命を掛けてまで誰かを助ける人がいる、でもその人は自分では語らない、だから私が伝えなくちゃいけないと。

 

これを聞いたカンナは心を打たれ、協力することを決めました。

「組もうぜ相方!」

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」43話 感想

今回はいつもとはちょっと違う雰囲気の展開です。

なんか探偵とか、謎を追う様な感じになるのかな!

そしてサトちゃんが整形だったとは驚きの展開です。

カレシの和田さんは知ってるのだろうか。

もし自分のカレシ、カノジョが整形だったらどう思いますか。僕はちょっと想像がつきません。

やっぱなんか嘘の顔を見ている様で、お面やマスクをかぶってるような感じで、本当のカレシ、カノジョを見ている気になれないように思います。

そして親として、子供が整形したら複雑ですね。

自分の子はどんなルックスであれ、産まれた時から可愛くて愛していて育ててきた。あんな別人のように整形されたら、自分の子がいなくなっちゃったような気持と、なんか申し訳なく思っちゃいそうな気持ちが入り乱れそうです。

でも整形をしてその子の人生が良くなるのなら受け入れてあげなくちゃいけないだろうし、いままでルックスのせいで色々傷ついてきたとなれば、理解してあげなくちゃいけないですよね。

子供の人生は親の物じゃないですから。

自分の人生は自分で決めて、一度きりの人生を楽しんで生きていけるようになってほしいですからね。

人間は顔じゃない、中身、心だよとは教えたいですね。

人間は、カンナみたいに容姿はあれでも、あんなに輝いて見える人間になれるんだし。

コンプレックスは誰でも持っていて、個性のひとつです。小さい時からそこも含めて愛してあげることがカンナのような人間になれるんでしょうかね。

「カンナさーん!」43話 名言

「美しくなるってことは最悪の不幸を避ける方法です」

言葉としては素晴らしく、その通りかもしれないですね。

サトちゃんは、美しくなるの部分がちょっとズレてしまった感じは否めないですけど。

表面上だけ美しくなって、本当の大事なところが見えなくなってしまった。

美人になれば皆に喜ばれ、余裕もあるから性格もよくなると言ってましたけど、逆かなと、順番が。

性格が良くて、皆に喜ばれ、余裕ができて、内面から美人になれるんじゃないかなと思います。

最悪の不幸は孤独で、それを避けるためには美しくなることの、何を美しくするかですよね。

もう答えは出ていますよね。

やっぱりです。

整形で美しくなり、アルファで人を騙し、儲けているエリ先輩が身をもって教えてくれるんじゃないでしょうか。

それに期待しています。

「カンナさーん!」登場人物たちの名言集 人生の為になる

 

登場人物はこちらで紹介

「カンナさーん!」登場人物を紹介! ドラマのキャストは?

 

前話→「カンナさーん!」第42話のあらすじと感想 ネタバレも 幸せのなり方

NEXT→「カンナさーん!」第44話のあらすじと感想 ネタバレも カンナも虜?

 

カンナさーん!のドラマが渡辺直美さん主演で7月にスタートです。
キャストやドラマについてはこちら

渡辺直美が主演「カンナさーん」ドラマ化 TBS火10にて7月放送

「カンナさーん!」登場人物のキャストが決定!礼役には、要潤さん

 

スポンサーリンク

-漫画