漫画

「カンナさーん!」第48話のあらすじと感想 ネタバレも 礼がまさかの宣言

2017/06/19

カンナさーん!9巻 表紙

引用:クイーンズコミックDIGITALより

サトちゃんとエリさんのアルファ問題は解決しました。

エリさんがアルファでやっていたことはとても許される問題ではありませんでしたが、サトちゃんのことを家族同然で思っていることは間違いありませんでした。

カンナと和田さんと久保さんの作戦でこれ以上二人が泥沼にはまることは防がれました。

エリさんはアメリカへ行ってしまったけど、ちゃんとお互い幸せになって再開しましょうと約束の言葉を手紙に残してくれていました。

サトちゃんの結婚貯金と一緒に。

そしてサトちゃんもカンナの計らいで仕事にも復帰、和田さんとも復縁できました。

 

※これまで漫画の一部の画像を引用させていただいておりました。

ですが、著作権の関係上、やはりよろしくないと思い、画像は外すことと決断しました。

当ブログをご覧いただいてる皆様には、画像があった方が楽しめ、「カンナさーん!」の良さをより伝えられると思いますが、ご了承ください。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」48話 あらすじ

日曜日の朝、パンケーキを作って楽しい朝食です。

でも礼の姿は見えません。帰りが遅く、今日も予定があるし、まだ寝ていました。

礼は仕事の関係で飲むこともあり、時間帯がレオ君と合わなっくなってきていて、顔を合わせることが無くなってきていました。

でもカンナが朝ごはんだけでも付き合ってあげてと、起こしました。

久しぶりに礼の顔を見ることができて、うれしいレオ君は沢山お話をしますが、礼は「うるさい!」とまた部屋へ戻ってしまいました。

 

カンナとレオ君でちょっとお外へお出かけ。

お友達親子に出会います。

レオ君はお友達と仲良く遊んでると、お友達の弟がやきもちを焼いてレオ君を叩いちゃいました。

お兄ちゃんがとられると思っての行動でした。

レオ君はもう小学生のお兄ちゃん、小さい子の気持ちも分かって上げることができました。

「僕は誰のお兄ちゃんでもないけどね・・・・・」

そう、お兄ちゃんだけど、弟や妹がいるわけでないです。

きょうだいが欲しいと寂しそうに話しました。

 

夜、カンナはレオ君のきょうだいを作って上げたくて、7年間もレスな礼に迫りました。

しかし礼はハッキリと言いました。

カンナとはもう夜の営みはできないかもしれないと。

家族としてるみたいで抵抗があるんだと。

カンナもたまに迫ってくるけど演技っぽい、熱が感じられないと。ブラピだったらいいいなーと思ってるんじゃない。

カンナも図星なことを言われてしまいました。

 

きょうだいがいないレオ君が可哀そうといいますが、

礼の考え方は全然違うようです。義理でやるようなことはもうやめよう、「俺は正直に生きたいんだ」と言いました。

結局やれず終いどころかできない宣言されてしまいました。

 

次の日カンナはある男性と知り合うことに。

ショップで試着をしていると、試着室のドアを直しにきた亀井さんに下着姿を見られてしまいます。

もちろんカンナはそれくらいどうってことなく、ユーモアたっぷりで反応してあげました。

 

そしてちょっと休憩に立ち寄ったカフェでその亀井さんと偶然また出会いました。

32歳で独身、ずっと男子校で女性に対してうぶな亀井さんにカンナは恋愛指南。

もし女性にふられたら使えるテクニックでした。

とても楽しそうな雰囲気で、またカンナと会いたいという亀井さんでしたが、カンナは「人妻だから」といって笑顔で断り別れました。

 

「人妻だから」なんてバカなこと言ったかなー、と思いながらも、もう会うことはないだろう、がんばれ亀井さんと心の中で応援するカンナでした。

 

ところが後日、カンナのもとに亀井さんから花のプレゼントが届きます。添えられたカードには「そこをなんとか please one more chance」

メッセージ付きの花を贈る。カンナが亀井さんに教えた恋愛テクニックです。

 

2人はもう一度会うことに。

亀井さんはどうやらカンナに恋をしたようです。

亀井さん的には友達になって欲しいってことだけど、カンナの言うことが楽しい、友達でも、パシリでも、透明人間でもいいからカンナの言葉を聞いていたいと、ほぼ告白でした。

まさかの告白に、もちろんカンナはまともには相手に出来ません。

それでも少しずれてるけど、真っ直ぐな素直な亀井さんになんとも言えない、苦笑いなカンナでした。

 

スポンサーリンク

「カンナさーん!」48話 感想

ちょこちょこ出てくる礼との夜の問題。

7年もなかったんですねー。更にはもう今後も無理だと宣言。

色んな意味でキツイ言葉ですよね。

レオ君のきょうだいが作れない、夫婦としての問題、魅力を感じてもらえない女性としての問題など・・・

恥ずかしいですが、うちもそんな時がありました。二人目を作る時はそうで、ずっとレス状態の中きょうだいを作ってあげたいとの嫁さんからのアプローチ?で作りました。

ありがたいことに三人目の時はそんなことなかったですよー。じゃなきゃ三人目はできてなかっただろうし。

結婚をして、子供もできて、しばらく一緒に生活しているとそういう気持ちにならなくなるのはわかります。

でも気持ちも復活するもんですよ。

結構考え方の問題で、魅力がなくなったとか、異性として対象にできないとかは言い訳な部分が強いかなと思いました。

うちの夜の話はこのへんで・・・

レオ君がたくましく成長してるのがなんかうれしくなりましたね。

最初の頃はまだ言葉も覚え始めで、ちっちゃい子らしいへんてこな会話をしていたけど、もう小学生で手をポケットなんかにいれて一丁前なお兄ちゃんになっていました。

そして亀井さん、また面白そうなキャラが出てきました。今までは礼の女性問題ばっかだったけど、今度はカンナに男が現れました。

しかもちょっとおバカっぽい青年、グイグイきそうな感。

「カンナさーん!」48話 名言

「たとえ立派な生き方でも 自分以外のものにはなりたくない」

礼が、夜のことに関していったことなので、その意味ではちょっと・・・って感じもあります。

でも、この言葉だけをみての僕なりの解釈ですけど、同じ風に思う部分がありました。

今自分が挑もうとしていることがそうなのかなと。

実家の自営業が仕事なのですが、それを継ぐことが多分誰から見ても立派というか、当たり前な道で、継がないことは僕が悪く見られると思うんです。

ただ、色々と人間関係的な問題もあるんですが、僕は違う道を進み始めていて、最近思うのが礼の言った「」といった感じです。

自分の人生は自分で決めて、自分で歩く。やりたいことをやる。夢があるからそれを目指す。

これは凄くいいことだと思うんです。人間が明るく、活き活きと生きて行く上で凄く大事な考え方だと僕は思っています。

ただ、まだ若い子たちなら何も考えずに自分の将来のことだけを考えてそうであって欲しいんだけど、僕のように中年で既に子供が三人いる状態で中々行動できることじゃないんですよね。

そして僕のように途中から目指すのは、これまで築いてきた人との関わり方を変化させることにもなるので、何かと精神的にもきついです。

でも「自分以外のものにはなりたくない」つまり、自分に嘘をついてずっと我慢しながら暮らすより、今苦労することを我慢し、10年先を考えて目指したいなと思います。

「カンナさーん!」登場人物たちの名言集 人生の為になる

 

登場人物はこちらで紹介

「カンナさーん!」登場人物を紹介! ドラマのキャストは?

 

前話→「カンナさーん!」第47話のあらすじと感想 ネタバレも 本当の家族とは

NEXT→「カンナさーん!」第49話のあらすじと感想 ネタバレも 亀君の友達とは

 

カンナさーん!のドラマが渡辺直美さん主演で7月にスタートです。
キャストやドラマについてはこちら

渡辺直美が主演「カンナさーん」ドラマ化 TBS火10にて7月放送

「カンナさーん!」登場人物のキャストが決定!礼役には、要潤さん

 

スポンサーリンク

-漫画